法律の専門科である弁護士の仕事内容ってどのようなものなの?

法律の専門科である弁護士の仕事内容ってどのようなものなの?

弁護士といえば、裁判で活躍したり法律に関する相談に乗ったりするイメージがありますよね。

しかし、具体的にどのようなお仕事をされているのでしょうか。分からない事も多いでしょう。

今回は、弁護士の仕事内容がどのようなものなのかについてお伝えします。

弁護士の仕事内容

弁護士の仕事内容

弁護士の仕事の内容は、大きく2つに分かれます。その他の細々とした仕事も含め、下記にご紹介します。

民事事件関係の仕事

交通事故の示談交渉や、離婚問題のような民事事件に関する仕事をします。

どちらに過失があるかという事を事前に調べて、依頼者に過失がある場合は最小限で収束するように、先方に過失がある場合は正当な料金の請求をします。

刑事事件関係の仕事

刑事事件関係の仕事は、警察が動くような犯罪事件を取り扱う事になり、被疑者や被告人の代弁者となります。

その他の仕事

その他、企業に対して法律のアドバイスをしたり無料相談を受け付けて市民の話を聞いたりもします。

最近では、弁護士事務所のホームページのブログを弁護士が更新していたり、弁護士YouTuberと名乗ってYouTubeで収益化する方も出てきているので、それらを含めると弁護士の仕事は多岐にわたります。

弁護士はどういう場所で働く?

弁護士はどのような場所で働くのでしょうか。下記にまとめました。

弁護士事務所に所属する

多くの弁護士はこの選択肢をとるのではないでしょうか。弁護士事務所に所属して、事務所に来るお仕事をこなしていきます。

独立開業する

独立して、自分で弁護士事務所を構えるという方法もあります。ある程度弁護士事務所に所属して経験を積んで、一通りの事を理解してから開業するのが一般的です。

弁護士が増えてきた昨今、資格を取得してすぐに独立する方も増えています。

企業内弁護士になる

企業の法務部に所属したり、顧問弁護士になって企業に法律的な観点からのアドバイスを行います。

会社を運営していく中で、「これは法律的にどうなんだろう。」という事は何かしら起きるものです。そんな時に、明確にセーフかアウトかを答えられるのは法律の専門家の弁護士です。

企業にとってなくてはならない存在です。

まとめ

今回は、弁護士の仕事内容がどのような物なのかについてお伝えしました。弁護士は法律の専門家として、民事や刑事の争い事を公正に判断してもらえるように全力を尽くすお仕事です。

企業に法律手的な観点からアドバイスをしたり、市民から法律に関する質問を受けたりもします。法律を基準に争い事を解決していく存在として世間から必要とされています。